にほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 写真へ にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
<< 風(フゥ)が虹の橋を渡りました | main |

funnyとmiku、そしてsharon


ファニーは、ネザーランドドワーフの女の子です。
2008年5月末に我が家にやってきた頃は、片手に乗るくらいの大きさで、かわいくてかわいくて、毎日世話をするのが楽しかったこと・・・。ところが、1週間も経つとファニーにも自我が芽生え、とんでもないやんちゃぶりを発揮するようになりました。
それからの1.2カ月は、ケージの前に座って、このウサとどう付き合っていったらいいのか・・・と真剣に悩んだものです。
7カ月を過ぎた頃からはすっかり落ち着きましたが、気位の高い、えっへんお嬢様気質は終生変わらず、ミクとシャロンを先制攻撃でぶちのめし、子分に従えていました。
2013年11月14日からはお月さまに住んでいます。でも、やっぱり我が家の一番の人気者。
今も月から時々、妹たちにきっつーい一言が飛んできます。


ファニーとの暮らしが1年を過ぎた2009年夏。
吹き荒れた嵐の翌朝、隣の公園で一匹の仔猫と出会いました。
大きな声で鳴いていた仔猫はまだ目も開かない状態で、手も足も細く、耳も小さく、まるでカワウソかコウモリのように見えました。
体重123グラムの女の子、それがチビニャンでした。
私たちはその仔猫をチビニャンと呼んで必死に育てました。
ようやくネコらしくなったチビニャン。家族として迎えることとなったので、ミクと名づけました。
こわがりで、今も子猫気質は変わりませんが、ファニねえたんがお空に行ってからは少ししっかりしました。


2011年12月、豊中の住宅地で知人が1匹のニャンコを保護してきました。
明らかに捨て猫だったらしく、人懐っこくて甘えたで、保護されてからすぐに病院へつれて行かれて、避妊手術を受け、ノラ猫たちと同じ扱いで耳に手術をしたという印がなされていました。
それがシャロンでした。
縁があって我が家で預かることとなり、つかまった時なのか、捨てられた時なのか、シャロンには半年以上PTSDのような状態があり、普段は普通なのに、何かの拍子で異常な怖がり方をしたりしていたので、細々としか里親募集をできない状況下にあるうちに1年がたち、すっかり我が家に溶け込んでしまいましたので、2012年12月、家族として迎えました。
今ではなくてはならない、2姫の姉妹です。

そんなファニーとミクそして、シャロンの楽しい日々をここで少しずつ書いて行きたいと考えています。
お送りします管理人はyohです。
よろしくお付き合いのほど、お願いします。

↓ランキングに参加しています。 ポチっとしていただければ、うれしいです。
にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 写真へにほんブログ村 猫ブログ 子猫へ


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ショップご紹介
logo3.jpg 『Klein Liebe〜小さな恋人〜』
里親探しのサイト
logotas.jpg『チーム!わんこ助け隊』
推薦ショップご紹介
『音楽スタジオ・ライラックレインボーズ』
推薦うさねこショップのご紹介
img002.gif 『木工猫雑貨☆ Step Factory』

『気ままに coffee time』

  『Handmade Shop ねこ館』
うさぎイベントのお知らせ
size160_3_join.jpg

エンジョイラビットライフ
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM