にほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 写真へ にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ

会津への旅(5)

今日の大阪はくもり空。
雨がぱらつくかも・・・といってましたが、晴れてきましたね。

「会津への旅」と題してお送りしてきました旅レポですが、ついに5回目を迎えてしまいました。
書きたいことが多すぎて、もう今や自分の記録と化しています。(汗)

おつきあいいただいているみなさん、ありがとうございます。
たぶん、6回で終わるかなあ〜、終わらせたいってところです。
ですから、今日の分は会津の空から2日目と3日目にわたってと考えていましたが、結局2日目の終了までで、写真数が多いので止めました。
7回まで行くかもです。
よろしくお付き合いのほどを。

**********************************

滝沢本陣で感動したあと、喜多方ラーメンで腹ごしらえしているうちに、空はくもり出し、雨がぽつぽつと降り出しました。
それでも心は熱く、まったく「ついてない」なんてことを思うこともなく、私たちは雨の中、またまた、周遊バスあかべえに乗り込み、鶴ヶ城を目指しました。

実は、拝観は4時半まで。
あかべえが鶴ヶ城につくのは、どう考えても4時10分。(汗)
それでも「絶対に今日のうちに行くんだ!」ということで、時間通りに到着した鶴ヶ城。

雨に煙る鶴ヶ城も小さいながら、白くて美しく、きっと、会津藩の人たちは当時、いつもそんなことを思いながら城を眺めたのだろうなあ・・・なんて思いました。
20年前に見た鶴ヶ城と違ったのは、天守閣の上の欄干が赤から黒に代わっていたことでした。

そんないろんな感想を抱きながらも、時間がないので、城へ急げ!状態です。(笑)


V字型になっている武者走りは珍しいんだということを知識として知りながら、それを横目に雨の中、走る走る。(笑)

とりあえず拝観時間ぎりぎりセーフで滑りこみましたが、昭和40年に復元されたため、内部はまったく近代的な建築になっているのと、他で資料は十分すぎるほど見ているので、それほど特筆すべき資料はありませんでした。

ただ、地下の塩蔵部分が当時の城の石垣内部がそのままで、そこを利用して当時の塩蔵を再現してありましたので、それが記憶に残りました。

ここでは、現在「八重の桜」の放送を記念して「大河ドラマ館」が下に併設されていましたが、まあ、これは私たちにとっては時間を割く必要はないだろうと、パスすることに・・・。

ところが、城を出てから、ゆうが会津出身の滝廉太郎の荒城の月の歌碑があるからこれは見るといい、傘ももっていないのに、雨の中ぼとぼとになりながら歌碑を見に行きました。
みんな雨で拝観時間もおわったので、観光客は帰る方向に行くのを私たちは傘ももたず逆行状態ですから、さぞかし、奇異な姿に映ったことでしょう。(汗)

荒城の月のモデルの城はここではなく、竹田にある岡城ですので、ここはあくまで滝廉太郎が生まれた町というのと、ここでこの詩を思いついたという流れもあり、歌碑が立っているそうです。

城は街の人たちの思いで復元されましたが、会津若松の町をめぐるとあちらこちらで、戊辰戦争後の鶴ヶ城の写真に出会います。
1か月にわたった戦のあとの城はボロボロでたくさんの砲弾の跡が残されていましたが、今も会津の地の人たちが愛する城はこの城なのだろうと、写真を見るたびに思いました。

「明日の夜は 何国の誰か ながむらん なれし御城に残す月影」
山本八重が落城の際、城を後にするときに城の壁に残した詩とされます。

復元され、町の象徴として今もその場所に立つ鶴ケ城。
でも、それは、かつて城を枕に討ち死にしようとした人たちの城ではないことをここを訪れて改めて思いました。

************************************

城を後にした私たちは、雨がそぼふる中、若松駅に向かうつもりでしたが、もうこの雨で周遊バスも最終だし、宿に戻る手段がないだろう・・・ということで、泣く泣くあきらめ、ハイカラさんに乗って宿に帰ることにしました。

宿に帰って食事までは一息ありましたので、ホワイトデーにいただいたチョコをいただくことにしました。

旅のお供にと持ってきたちょこ。
N山さんからいただいたものですが、なんとかわいい♪
まずいただいたのは、当然、肉玉チョコでした。
N山さんありがとう。

ということで、このあと食事に向かった私たち。
食事は昨日と同じバイキングでしたが、2日目だということで、特別に炊き合わせと茶碗蒸しがつき、「いや〜この食事なら、毎日同じでも十分ですよお」なんて給仕のおにいさんにいいながら、おいしくいただいて、食事会場を出たところで思わぬサプライズが待っていました。

なんと、富山から「越中 風の盆」のグループの人たちが復興支援にやってきていて、昨年、ここにとまって被災地に向かったけれど、ここでは踊りを披露できなかったからということで、「風の盆」を生で見せてくださることに・・・。




私は30年前に寝台列車で行ったことがあり、これもまた、いつかもう一度行きたいと思っていた地です。そこのイベントが思わぬところで見れ、本当に感動しました。

この格好は結婚するまでの男女しか許されておらず、町によって着物の柄が違うのが魅力で、胡弓に合わせて歌いが入り披露される「風の盆」にしばし時を忘れました。


本来、9月1日の防災の日に合わせ、災害を払うために夜通しで踊る踊りで、町のあちこちで輪踊りも拾うとれ、観光客も加わることができるのですが、今回はその輪踊りも披露とれ、ゆうが、その輪の中に入りました。


おもわないプレゼントに心温まりながら、またまた温泉につかり、この日は就寝です。

************************************

いよいよ、終盤。
会津への旅(6)に続きます。

↓ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ、うれしいです。
にほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 写真へ
にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ 

会津への旅(4)

今日の大阪はいいお天気です。
でも、またまた寒いですね。
考えれば、花の季節はいつもこんなものかもしれないですね。

「会津への旅」と題してスタートした、旅行レポ。
力が入ってしまって、第4回目となってしまいました。(笑)
歴史好きな人で、ご興味のある方だけおつきあいください。

旅行から帰ってきた日には3姫が登場します。
それまで3姫もお休みということですが、ご了承ください。

**************************************

会津若松について2日目の昼過ぎ、飯盛山まで到着した私たちは、資料館を見たのち、飯盛山に登ることになりました。

飯盛山は白虎隊自刃の場として知られる山です。
現在は山事態に階段がついていて、その横にはお金を出せば乗れるエスカレーターがついています。
山なので、階段もかなり急ですから、お墓参りのお年寄りにはあのエスカレーターはなくてはならないもののようです。

私たちはまだ足腰もしっかり!なので、がんばって階段で行くことにしました。

飯盛山に上がると、真正面奥にこの山で自刃した白虎隊士の墓が並んでいます。


白虎隊の自刃の話は、戊辰戦争時の悲劇として、よくテレビでドラマ化されたり取り上げられることが多いのでご存じの方は多いですが、逆に自刃した白虎隊士だけにスポットがあてられることが多いです。
ですから、白虎隊のすべての隊士が自刃したと思われがちですが、白虎隊というのは、士中が2班、寄合が2班、足軽が2班からなる16〜17歳の隊士で構成される総勢343名の隊をさします。

自刃した白虎隊士は、戸ノ口原戦に参加した士中二番隊42名のうちの20名です。
戸ノ口原戦で劣勢だった白虎隊士は、体制を立て直すべく移動する途上、食糧調達のために隊を離れた隊長とはぐれてしまい、隊士だけで城の見える飯盛山を目指します。
ところが、街に放たれた火を見て、城が燃えていると勘違いした彼らは、敵の手に落ち、辱めを受けるなら、ここで自刃をという形で、飯盛山を自刃の場に選びます。

これらの話は、20名のうち、深い傷を負いながらも生き残った飯沼貞吉によって晩年伝えられたとされます。
士中二番隊の中でもこの20名だけが隊長とはぐれて飯盛山を目指したものたちで、そこに行くまでにはぐれて城を目指したもの(銅像の酒井など)もいれば、戦で負傷を負い、途中でぬけたものもいます。

さて、またまた説明が長くなりましたが、この白虎隊士の墓は、今も飯盛山の山頂から街を見下ろす形で建てられています。

ここから少しくだった場所に白虎隊士自刃の場とされる場所があり、そこには今もなお、白虎隊のひとりが城を臨む姿が石像として作られています。


白虎隊士像が見る先に城があると言われますが・・・。

裸眼ではこんな感じに見えます。

カメラを寄せてやっと・・・。

こんな感じで、左端の棒の立ったところの下に城が確認できます。

日新館でしっかりとしつけられた男子とは言え、まだ元服間もない子供たちばかり。
この距離で城下の火を目にすれば、非常時状態の精神状態で、城が燃えていると勘違いしても無理はなく、その後の身の処し方も、大人の隊長がついていればまたちがったものになったのでしょうが、不運としかいいようがないと、この場に行ってそう感じました。

この山にはそのほかにも援軍としてやってきた郡上藩など、この戦で亡くなった方のお墓も建てられています。

そして、こうした武士たちの武士道精神をたたえる他国からの贈り物もありました。

これはイタリアから贈られたもので、ポンペイの遺跡から発掘された神殿の柱の上にブロンズ像を乗せ、この柱の後ろには「武士道精神に捧ぐ」の文字が刻まれていたとのことでせすが、第二次世界大戦の折、上陸したアメリカ兵の手により、この文字は削りのとられたと言います。

この他にも他国から贈られたものや、こんな素晴らしい精神を持つ国で骨を埋めたいと願ったドイツ人のお墓などもあり、歴史や時代の流れのいろんなものをこの場所にたつだけで感じました。

さて、この後、飯盛山を反対側におりようとしたところに、白虎隊士がここまでのがれてくる途中に利用したとされる戸ノ口堰洞穴がありました。


それを見て、今度は国の重要文化財とされるさざえ堂を見学しました。


さざえ堂は、1796年に郁堂和尚の考案で建てられたものです。
建築物としておもしろい形をしています。

この右下の図がよくかりますが、こうした形になっているため、上がっていくものと降りてくるものが同じ道を通ることがないという、変わった建築方式がとられています。


中はこんな感じ。
なんだかあの山にこうしたお堂がポツンと立っているのも不思議な感じがしました。

*****************************

さて、ここから私たちは飯盛山を下り、途中にあった「白虎隊伝承資学館」を覗いて、今度は滝沢本陣を目指しました。

その途中の道はこんな名前がついてました。(笑)




滝沢本陣につくと、すごい建物です。

しかし、またまた、誰もいない・・・。
左横に民家があったので、声をかけるとここが拝観料を払うところだったらしく、テレビを見ていたおばあちゃんが、出てきてくださいました。
300円の拝観料がここもなぜか10%割引きですということで270円に・・・。

あまりにのんびり、観光地なのに力を入れていない状況に、私もゆうも笑いながら滝沢本陣に入ると、お客がきたらつけてくれるのであろう説明の放送が始まりました。

滝沢本陣は戸ノ口原に出陣する白虎隊を容保公が送り出した場所であり、また、新選組の進駐の地でもあります。
入れてくれた説明放送がまたまた資料の宝庫状態で、驚きながら聞きつつ中に入ると、ここから戊辰戦争がはじまっただけあって、中の柱や戸に刻まれた砲弾のあとのすごいことに驚き、改めて、ここってすごいんや!と思いました。

しかし、こんなものすごい歴史の資料を見せてもらって、安いやら、おばあちゃんが自然体でやっている姿やら、他の観光客はここを飛ばしていくのにも、ふたり驚いたり、笑ったり・・・。

*********************************

そんなこんなで、2時まわっているというのに、腹ごしらえさえ忘れていたのを思い出し、喜多方ラーメンをたべることに・・・。
これも、650円が、なぜかこの日300円と信じられない価格。

これを食して、いよいよ、鶴ヶ城を目指すこととしました。
続きは、会津への旅(5)でお送りします。

ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ、うれしいです。
にほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 写真へ
にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ 

会津への旅(3)

今日の大阪はくもり空です。
午後から崩れそうな予想だということですが、さてさて、どうなんでしょうか。
花見にはちょうど良い開き具合だそうですが・・・。

さて、3日目になりました会津への旅レポですが、3回予想で始めたものの、甘かった。
載せたい写真もたくさんあり、とてもとても3回で終わりそうにありません。
6回くらいまで平気で行ってしまうかも・・・です。

お時間ある時に、よろしくお付き合いください。

***********************************

あれだけ夢にまで見た、会津若松での夜が明けました。

いよいよ会津若松の観光へ出かけるため早起き。
まずは、夜とは入れ替わっているというお風呂を覗きに行くことからその日はスタートでした。

その日の朝風呂もやはり、露天風呂がメイン。
こちらは「宙の湯」となっていて、丸く展望できるように、棚風呂になったお風呂からが全方向がみえるように、丸くなっていて、こちらもなかなかに楽しむことができました。

お風呂を楽しんだら、いよいよ食事です。
朝もバイキングですので、食事中席をあける時は、この土地のキャラ「あかべえ」がテーブルでお留守番してくれます。


朝の食事写真はちゃんと撮りましたよ。

すべて地元の食材ばかり。
牛乳は「べこの乳」と書いてあり、これもさっぱりおいしいのなんの!

すべてに満足して、さあ、出発です。
御宿からは「武家屋敷」まで送ってくれますので、まずは武家屋敷からスタートすることとしました。



会津の歴史を少しでもひも解いた方はご存じだとは思いますが、会津藩は旧幕府軍。
幕末、最後の将軍徳川慶喜を守りぬき、最後にはその慶喜から切り捨てられます。
そのため滅亡の道を歩むこととなった悲劇の藩ではありますが、最後まで「義」の人たちが存在し、今もなお、この土地には、会津藩を愛してやまない子孫たちが土地を守り、伝統を守り、歴史を守って生活を営んでいます。

ですが、会津藩は戊辰戦争で壊滅的な負け戦となり、たくさんの人が亡くなり、残った藩士たちは斗南藩として存続を許されますが、下北半島の痩せた土地で、3万石(会津藩は33万石、与えられた3万石の実習は7千石だと言います)を与えられ、過酷な生活を強いられて、また、たくさんの尊い命を餓死と寒さで失います。

戊辰戦争後、長州を中心とする新政府にそうした扱いを受けた会津の地ですので、戦後、そうした苦労ののち生き残った人たちが、この土地に再び戻ることが許された時に、もう一度、会津藩のころの建物を長い間をかけて再現しています。

さて、説明が長くなりましたが、この武家屋敷は会津藩の筆頭家老・西郷頼母の屋敷図面が出てきたことで、その図面をもとに再現したものを中心に、武家文化に関わる建物が再現されたものです。


西郷頼母は、時の会津藩主・松平容保が京都守護職の拝命を受けた時、動乱の京都へたくさんの藩士を連れて行くこと、そして、今時代が幕府にとって不利な状況の中、幕府の盾となる役目をすることは藩の存続を危ぶむものとし、容保に反対の意を唱えたために、家老職を解かれます。

戊辰戦争が始まるとともに家老職に戻されますが、一家は女子供も含め全員自刃。
西郷家で生き残ったのは頼母と年若い息子だけでしたが、容保から孝明天皇から下されたシンカン(これは、会津藩は朝敵ではないという証)を託され、そのシンカンを守るために会津の地から落ちたのでした。

余生は神社の宮司として過ごしていたところ、西南の役が起こり、その西南の役に加担したとみなされて、宮司の職からおわれます。
年老いて会津の地に戻り、最後は長屋で、誰にもみとられぬまま生涯を閉じたというこです。

この武家屋敷には、頼母一家の自刃の部屋の様子が再現され、それぞれが詠んだ辞世の句が紹介されていますが、とくに、妻・千恵子の詠んだ「なよ竹の 風にまかする身ながらも たわまぬ節の 在りとこそきけ」という句は、会津の女性の心の奥に秘めた強さがみえ、会津の女性を語る時に紹介されることが多くあります。

***********************************

さて、私たちは、ここを1時間以上をかけて見学して、その後、周遊バスあかべえに乗ることにしました。
1日乗り放題で500円という安さに驚きましたが、この会津若松観光では、どこもここも拝観料が安いことに驚きました。
ほとんど300円で、バスのチケットを持っていたら10%引きとか、たくさんのものを作って生計を立てている土地だからか、観光に力を入れていないわけではないけれど、とにかくがつがつしていないことに驚きました。

そんなことを思いながら、あかべえで次に目指したのは御薬園です。

会津松平氏の庭園で、国指定の名勝と言われるだけあって、景観が美しかった。


ここの中にある「重陽閣」は、秩父宮妃殿下ゆかりのお部屋があり、ここではお茶を楽しめますので、早速いただきましたよ。

これがまた、安価で目まで楽しませてくれて、感動でした。

秩父宮妃殿下は会津の出で、戦後60年後妃殿下が宮に嫁がれた時には、会津は朝敵だとされた汚名を雪ぐことができたと、土地の方は心から喜んだということで、その時に新島八重が詠んだ「いくとせか みねにかかれる むら雲の はれて嬉しき 光りをぞ見る」という歌が、ここで紹介されていました。

***********************************

さて、ここで一息入れた私たちは、実はレンタル自転車を借りようと思っていたのですが、なんと、自転車を貸してくれるのは雪が溶けてからということで、結局借りれず、またまた、周遊バスの世話になることにしました。

次に目指したのは、白虎隊士中二番隊が自刃した飯盛山です。
士中二番隊については、あとで触れることとします。

ここの上り口に「白虎隊記念館」というものがあります。
まずはここに入ることにしました。

この記念館前に立つ銅像は、戸ノ口の生存白虎隊士のひとり、酒井峰治が鶴ケ城を目指してひとり退却中に愛犬クマが飯盛山の裏手でまで迎えに来たという本人の手記からその事実を作られたものです。

ここには、攻防両軍の資料が12000点あります。
郷土出身の弁護士が戊辰戦争の会津藩の悲劇を後世に正しく残したいとの思いから私財で作った資料館で、その思いに、各地に分散していたゆかりの人が心を寄せた形で、個人で持っていた資料を送るなどして成り立っているので、本当にこの人たちが生きた証がまさにここにあるという感じの資料館です。

前回行った時もそうでしたが、全部を本当に見ることができたのか、何度も何度も繰り返し周り、去りがたく、1時間以上の時間をかけて見て、いよいよ飯盛山に上がることとしました。

**********************************

この続きは、また、会津への旅(4)に続きます。
よろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ、うれしいです。
にほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 写真へ
にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ 

会津への旅(2)

今日の大阪もいいお天気です。
そろそろ桜もほころび始め、明日あたりは花見に良さそうですが、寒いですね。

さて、今日も昨日に引き続き、会津への旅(2)です。
よろしくお付き合いください。

*************************************

さて、郡山であぶくま洞で遊んだ後、会津若松へ到着したゆうと私ですが、この日から東山温泉に宿をとっていました。
もともと会津若松自体に来たかったので、それほど温泉などにこだわっていなかったのですが、せっかく2日も泊るのだから、宿に帰ったらすることもないでしょう・・・ということで、近くにあった東山温泉に宿をとることにしたのでした。

東山温泉は会津若松の街の端っこに位置します。
そこで、会津若松の街中を走る周遊バスに乗ることにしました。

東山温泉方面は、ハイカラさんというバス。


逆回りがあかべえというバスが走っています。


この日はハイカラさんに乗って、町を周遊して東山温泉に行くので、街中をほぼ一周する形になりました。
ゆうは初めて見る会津のまちなみに喜んだり、感嘆したり、忙しいこと。

約40分街中を回って、東山温泉入口につきました。
いや〜日が暮れると寒いのなんのって、大阪からやってきた身にはこたえます。
宿に電話したら、大きなバスで、私たち2人だけを迎えにきてくました。

そして、ついた御宿は、「御宿 東鳳」です。


チェックインをすますと案内してくれたホテルマンのお兄さん、なんとも自然な話しぶりのお国言葉、それでいて、なんともいえぬ優しい応対で、心地よいもてなしぶりです。
エレベーター内で話しただけなのに、すっかり打ち解け、なんとも心なごみました。

そして、通された部屋が「2人ですよ。まちがいじゃないんですかあ?」みたいな、20畳くらいある部屋でした。
ここが私たちの2日間のお城です。


すっかり面喰いましたが、ここでのびのびとして、その日はあとは、食事と、お風呂だけです。

さて、食事会場はロビー横のレストランでしたが、バイキングとなっていました。
このバイキングがすごいのなんの。

よく考えたら会津はお米も取れるし、お酒も作っている。
野菜も取れれば酪農までやっているのですから、当然といえば当然なのですが、並ぶものすべて会津産。
それ以外のアイスクリームなどはハーゲンダッツというこだわりよう。

あんなすごいバイキングは見たことがないというくらい、郷土料理から喜多方ラーメンまで並び、これだったら、宿以外の食事でおいしいものを探す必要なんてないじゃんという状態でした。

が・・・しかし。
あまりのおいしさに食事の写真は朝しか撮ってないんですよね。(汗)

そんなこんなで、満腹のおなかを抱えて、今度は温泉へ。
夜と朝が男女入れ替わるので、夜は「棚雲の湯」に入いることになりました。

「湯」ののれんをくぐると、なんと、大きな月を摸した明り。

その下には見事な月影です。

そして、横の通路は月の満ち欠けが・・・。

このセンスの良さは最高だなあ・・と思いながら入ってみると、本当に中は広いお風呂でした。

ここは露天風呂が最高で、3段の棚湯となっていて、そのせり出した3段目は湯船の中で寝転べるようになっています。
せっかくだから・・とそこまで行って寝転んでみると、なんと満天の星空!
2人で大感動しながら、ゆっくりとつかりました。

ここの御宿。
電気製品など科すべて日本の名の通ったメーカー品のものばかりを使っていて、会津しかり、日本という国自体を大切に思っているんだなあ・・と、そんな風に思う御宿でした。

何もかもに満足満足の一日が終わり、この日は朝までぐっすりでした。

*************************************

宿だけで満喫状態、しらんまにたくさん書いていましたので、また、明日に続きます。(笑)
これは、3回では終わりそうもないですね。(汗)

お時間ある方だけどうぞ・・・。

↓ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ、うれしいです。
にほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 写真へ
にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ 

会津への旅(1)

今日の大阪はいいお天気です。
昨日もいいお天気でしたが少し寒く、今日はどうなるのでしょうか・・・というところですね。
夕方は雨になりそうですね。

さて、先日会津若松へ、ゆうと二人で旅行してきました。
撮りためた写真もありますので、本日より3日間、「会津への旅」と題し、会津レポをお届けします。
どうぞお付き合いください。

***********************************

ちょっとした幕末歴史オタクで、幕府軍支援派の私としては、会津若松は憧れの地です。

実は20年前、新婚旅行で北海道を訪れた折、強硬に旅の最後に会津若松をいれました。
仙台空港を経由して行った会津若松は、まだ朝敵の汚名を着せられ、長い時を経た傷が癒えないような土地で、大きな駅なのに電車は普通しか止まらず、これも薩長が作る国の上にいる所以かと、なんとも心が痛みました。
ですが、半日いた会津若松は資料の宝庫で、私にとっては夢のような場所。いつかまた必ず時間をかけて来ようと、そう思って20年が過ぎてしまいました。
今回、NHKで「八重の桜」が始まり、NHKで会津を扱ってくれるということは、本当にあの土地の方にとっては喜ばしいことだと思った半面、私が愛した会津のあの風景はテレビで扱われることによって変わってしまうのではないか・・・。
そんな風な心配もあり、今の間に会津へ・・・と、急きょ旅の決行を決めることとなりました。

ひとりで行くぞ!そう思っていたのですが、「会津へ行く」と言ったとたん、これも私同様、幕末大好きに育ってしまったゆうが「それはないやろ。私もバイトで貯めたお金で行く・・・」と言いだし、あっという間に2人旅が決定しました。

***********************************

大阪から福島までは一時間ですが、ANAの提携しているアイベックスという会社の飛行機しか飛んでおらず、これがまた、ちっちゃい。(泣)

離陸から旋回、足の出し入れ、高度があがって行く様子まですべて体で感じるという恐ろしさ。(汗)
飛行機が苦手な私としては涙ものでしたが、会津に行くためにはこれしか手がなく、我慢です。

怖かった代わりに、小型は低い位置を飛ぶようで、景色は最高に奇麗。


富士山まで見え・・・。

飛行機が私と同じく苦手で「船のほうがまし!」と言っていたゆう(そりゃそうでしょ。ゆうの先祖は海賊だもん・・・笑)も、乗っている間じゅう、窓に張り付いていました。

そんなこんなで、1時間で福島空港につきました。

ついた福島空港。
飛行機は私たちが乗ってきたものしか見当たらず、こじんまり空港だったので、5分もかからないうちに荷物も出てきて、10分後に出発の高速バスに乗ることができました。

会津若松入りするには、高速バスに1時間乗り、郡山まででなければいけません。
1時間後についた郡山は大きな駅でした。

私は会津若松のみの旅・・・と思っていたのですが、ゆうがせっかくだから、見たことがない鍾乳洞を見たいと言いだし、まあ、会津若松は次の日丸一日と翌日半日あるので、寄り道していくことにしようかということになり、あぶくま洞を見に行くことにしました。

郡山からJRで40分。
神股という駅で降り、3.5キロあるというので、タクシーであぶくま洞を目指しました。

こんな時期に鍾乳洞を見に行こう!なんていう酔狂な人はいないようで、ついてみると、ほんと、2人きり。
写真も撮ってくれる人がいないので、岩の上において、パチリ。(汗)

いざ、鍾乳洞へ。
これは妖怪ですって・・・。

本気で2人で、何かあったら電話も通じないし、どうすんの・・と言いながら、鍾乳洞内を探検。


正直、寒いし、怖い・・・。
おまけに、階段続きでハード。(笑)

それでも、やはり、鍾乳洞内はいろいろな形の鍾乳石があり、ワインなんかも作っていたりして・・・。


なかなかに興味深い・・。

初めて鍾乳洞を見るゆうは大喜び。


これは、きのこ型らしい・・・。

ということで、最後には舞台照明を使ったという「月の世界」と名付けられた場所に出て、終了となりました。

この中で人に会ったのは、お客さんが入った時点で抜け道を伝って配置されるのではないかと思われる係員の人2人のみで、中央地点の冒険コースと普通コースに分かれるところでひとりと、一番メインのここから先にいってはだめ・・・という場所にひとりいたのみでした。(汗)

それでも、お土産ものやさんに寄ってお土産を見ていると、驚いたことに、すべて地元で作られたものや地元の水などを使った品々ばかりで、センスのいいものが並び、ここで早速お土産をたくさん買って、タクシーに迎えにきてもらうことにしました。

迎えに来てくれたタクシーの運転手さんは行きのおっちゃんとおんなじ人で、「だれもおらんかったでしょ?」と一言。(笑)
この時期に鍾乳洞とはねえ〜と、思っていたんだろうなあ・・・とタクシーを降りた後、ゆうとふたり、駅でさんざん笑いました。

そして、いよいよ会津若松を目指します。
またまた、JRで40分かけて郡山にもどり、ここからまた、高速バスに1時間ほど乗らなくてはいけません。

郡山はわりと暖かかったのですが、会津若松が近づくにつれ、雪景色です。


まだまだ雪深くなるのかと思ったのですが、会津若松が近づくと雪が少しへり、そう思ったとたん、到着です。

いよいよ会津若松の駅に降り立つと、かわいいあかべこが迎えてくれました。


でも、今は冬眠中だそうです。


一人ずつで写真を撮っていると、東京からいらしたご夫婦に「撮ってあげましょう。ご姉妹で旅行ですか?」と声をかけられ、「いや、親子です」と否定しながらもうれしく、パチリと撮っていただき、ちょっとほくほく顔で写真に収まりました。(笑)


ということで、夢にまで見た会津若松駅に到着して、感無量でしたが・・・。

日も暮れてきましたので、この日は観光はお預けで、宿へ向かうこととしました。

**********************************

会津への旅(2)へ続く・・・。

↓ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ、うれしいです。
にほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 写真へ
にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ 

ファニーのお仕事とねこふん・・(汗)

今朝の大阪は肌寒いくらいですが、暑くなりそうですね。
そろそろ、暑さへの対策が必要です。

さて、先日、ファニーにお仕事が来ました。
今回も以前におよびいただいたところで、まだ今回分は公開されていないので正式発表はできませんが、いろんなシーンで、ファニー、がんばってくれました。
また、その模様は、正式発表になりましたら、お知らせしますね。

過去のお仕事ぶりは、チャペルのホームページで見れます。
http://www.bellclassic.co.jp/kinki/sagano/
また、良ければご覧ください。

そして、これからご結婚をお考えの方、こちらは、とてもすてきなチャペルですし、お食事もバツグンにおいしいですので、こちらから近い方はぜひご一考ください。
私、もう一回したいくらいです!(笑)
今日は宣伝まで・・・。


さてさて、この間、ムンムンさんからいただいた「ねこふん」(前回分を参照ください)。
あれから、また、ふらふらとあちこち覗いて、なんかかんか買ってしまいましたよ。

シャロン似の個の子に魅せられ、まずおもち帰り。


そして、絵ハガキにぽち袋。


ここまではかわいかったのですが、あとは本革の手帳カバーを注文中。

そしてそして・・・・また、やってしまいました。
3号サイズの絵を1枚買いました。
ひえ〜!!!!
というわけで、まだ、全額払えず、6月末にでも取りに行く予定です。

手帳カバーと絵はまた、来ましたら、公開しますね。

にしても、私にとってはほんと禁止の猫イベント。
もう、今回はここまでで打ち止めにしたいと思います。(笑)

**********************************

ショップ情報です。

ネコ首輪を売り出しました。


このタイプと・・・。


これです。

ご興味ある方、どうぞ右横リンクより、クラインリーベまでお越しください。
お待ちしています。


↓ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ、うれしいです。
にほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 写真へ
にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ 

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ショップご紹介
logo3.jpg 『Klein Liebe〜小さな恋人〜』
里親探しのサイト
logotas.jpg『チーム!わんこ助け隊』
推薦ショップご紹介
『音楽スタジオ・ライラックレインボーズ』
推薦うさねこショップのご紹介
img002.gif 『木工猫雑貨☆ Step Factory』

『気ままに coffee time』

  『Handmade Shop ねこ館』
うさぎイベントのお知らせ
size160_3_join.jpg

エンジョイラビットライフ
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM